Affiliate Re:Life

アフィリエイトで最高の人生を取り戻す(リライフする)方法についてご紹介します。

スキル・マインド

勉強や作業効率を上げる昼寝のベストは何時間!?【昼寝のコツも!】

投稿日:

この記事では、勉強や作業効率を上げる昼寝のベストは何時間なのか?について解説していきます。

あなたは、勉強に取り組む際に、

お昼寝の時間って、何時間ぐらい寝るのが効率いいのかな?

と、考えたことはありませんか?

どうしても、お昼ご飯を食べた後は、眠くなってしまい集中力も落ちてしまいますよね。

これ結論からお伝えしますと、

  • 勉強や作業効率を上げる昼寝のベストの時間は「15~20分」です。

それでは、昼寝の効率を上げる方法も合わせて詳しく見ていきましょう。

この記事では、ビジネスに関する勉強をする際に効率的だった方法について解説していきます。


スキマ時間を使いポイントサイトで稼ぐ方法

アフィリエイト・転売・情報発信など、すべてのビジネスのハードルが上がっています。

具体的には、書籍は数十冊は読んで、休日は1日12時間以上作業する覚悟が必要です。

「手軽に稼げると思ったのに…」と思うかもしれませんが、素人が稼げる時代は残念ながらもう終わってしまいました。

しかし…。数万円ほど稼ぐ道ならまだ残されています。

それは、ポイントサイトを使って取り組む方法となります。

還元率の高いポイントサイトを使うことで、誰も1万~5万円程度なら稼ぐことは出来ます。

もちろん、毎月自動で稼げるなんて方法ではありません。

ですが、ポイントサイト経由で無料登録を行ったり、クレジットカードを作るだけで数百円~数万円入ったりします。

イメージとしては、楽天などで商品を購入したらポイントもらえるのと同じです。

ポイントサイトを利用して、無料登録や有料登録などをすることで、キャッシュバックが行われるのです。

過去に様々な副業に取り組んできましたが、初心者さんが短期間で稼ぐ方法は正直コレしかありません。

ポイントサイトの登録方法なども、1から手順を解説していますので良かったらご覧ください。

→ ポイントサイトのハピタスの登録方法&使い方はこちら

 

勉強や作業効率を上げる昼寝のベストの時間は15~20分!

勉強や作業効率を上げる昼寝のベストの時間は15~20分でしたね。

ちなみにですが、20分で満足できずに長く昼寝をする場合でも、遅くても30分までにするのがオススメです。

データとしても、厚生労働省が公開しています「健康づくりのための睡眠指針2014」の中で、

午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的

引用:健康づくりのための睡眠指針2014

と、30分以内の昼寝を推奨しているのです。

ちなみにですが、30分以上睡眠をとってしまうと、深い眠りに入ってしまい起きた時にぼーっとして集中ができないのです。

すると、そのままダラダラした時間を過ごしてしまい、夜に寝られなくなり昼夜逆転の生活になりかねないため注意が必要なのです。

ですので、理想の昼寝時間は15~20分(長くても30分)以内にするようにしましょう。

勉強の効率を上げる昼寝6つのコツ!

勉強の効率を上げる昼寝のコツはコチラです。

昼寝のコツ

  • 横たわらない姿勢で寝る
  • 体を締め付けるアイテムは外す
  • アイマスクや耳栓を利用する
  • 昼寝前にカフェインを摂取する
  • 毎日同じ時間に昼寝をする
  • ムリに寝る必要はない

それでは1つ1つ見ていきましょう。

昼寝のコツ1:横たわらない姿勢で寝る

横にならずに、椅子などの少し負担がかかる姿勢で昼寝をしましょう。

ベッドやソファーなどで横になって寝てしまうと、30分以上寝てしまうことがあります。

私も何度も経験があるのですが、

うわぁ、2時間も寝てしまった…。

という、アラームにも気が付かずに、ガッツリに寝てしまうことにつながるわけです。

そうならないためにも、椅子などに座った状態で昼寝をするなど、少し負担がかかる姿勢で睡眠を取るようにしましょう。

昼寝のコツ2:体を締め付けるアイテムは外す

時計・ベルト・靴などの体を締め付けるアイテムは外して昼寝をしましょう。

寝る体勢は少し負担がかかるほうがいいのですが、リラックスした状態で寝たほうが昼寝の効率が高まるのです。

個人的には、靴は最も締めつけ感を感じるため、靴や靴下を脱いだ状態で昼寝をするのは開放感がありオススメです。

もちろん、人によって窮屈に感じるアイテムは変わってきます。

そのため、あなたがリラックスするためには、どのアイテムを外すべきか意識して昼寝をされてみてください。

昼寝のコツ3:アイマスクや耳栓を利用する

アイマスクや耳栓を利用して昼寝をすることです。

これもリラックスできる環境作りで、昼寝後の勉強の効率アップの意図があります。

特に、職場や外出先で昼寝をする場合などは、光や音によるストレスは大きく出てしまいます。

そのため、光や音を遮断してくれる、アイマスクや耳栓を使うのは効果的なのです。

ちなみにですが、個人的にオススメなのが、めぐりズム(蒸気のアイマスク)と、リラクゼーション系のBGMを聞きながら昼寝をすることです。

目を温めながら、癒し系の音楽で非日常感が出るため、リラックス効果が高くなりますよ。

昼寝のコツ4:昼寝前にカフェインを摂取する

昼寝前にコーヒーや紅茶などの、カフェインを摂取することです。

実は、カフェインは摂取してから、30分ほど効果が出るまでに時間がかかると言われています。

そのため、昼寝前にカフェインを摂取することで、スッキリと起きることが出来るようになるのです。

ですので、食後にカフェインが含まれた飲み物を飲むのを日課にすると効果的ですよ。

ちなみにですが、カフェインが含まれた飲み物はコチラになります。

カフェイン入り飲み物

  • 玉露
  • コーヒー
  • 栄養ドリンク
  • 抹茶
  • ココア
  • 紅茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶
  • 玄米茶
  • コーラ

※上から、カフェイン量が多い順になります。

昼寝のコツ5:毎日同じ時間に昼寝をする

毎日同じ時間に昼寝をして、習慣をつけるようにしましょう。

毎日、同じ時間に昼寝を続けることで、自然と15~20分ほどで目が覚めてスッキリするようになるのです。

ちなみにですが、習慣化されるには「21日」や「66日」など言われています。

ただし、取り組む内容だったり意識する違いなどでも、習慣はかわってくるものです。

さらに言えば、つい忘れてしまう日があることで、習慣になるまでに時間がかかってしまうのです。

そのため、66日ほどを目安に気長に毎日続けてみてください。

昼寝のコツ6:ムリに寝る必要はない

無理やり寝ようとする必要はありません。

昼寝と言っても、15~20分ほどリラックスして目を閉じるだけでも、ある程度効果はあると言われています。

そのため、まずはリラックスしてゆっくり過ごす時間を作る程度で、気軽に続けてみてください。

ムリに「寝ないと!」と意識することで、かえって寝られなくなるため、目を閉じるだけでいいんだと覚えておいてください。

勉強や作業効率を上げる昼寝のベストは何時間!?【昼寝のコツも!】のまとめ

まとめますと、

まとめ

  • 昼寝のベストの時間は15~20分
  • 横たわらない姿勢で寝る
  • 体を締め付けるアイテムは外す
  • アイマスクや耳栓を利用する
  • 昼寝前にカフェインを摂取する
  • 毎日同じ時間に昼寝をする
  • ムリに寝る必要はない

以上が、勉強や作業効率を上げる昼寝のベストは何時間!?【昼寝のコツも!】についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

-スキル・マインド

Copyright© Affiliate Re:Life , 2020 All Rights Reserved.