Affiliate Re:Life

アフィリエイトで最高の人生を取り戻す(リライフする)方法についてご紹介します。

スキル・マインド

スケジュール感とは?意味とビジネスの場面で意識するべきポイント!

投稿日:2019年7月31日 更新日:

この記事では、スケジュール感とは一体何なのか?についてと、意味とビジネスの場面で意識するべきポイントについて合わせて解説していきます。

あなたは、納期のある仕事をする際に、

スケジュール感って言われるけど一体なんなの!?

と、悩んだ経験はありませんか?

突然スケジュール感って聞かれても、一体何のことを言っているのか意味がわかりませんよね。

これ結論からお伝えしますと、

  • スケジュール感とは、「ある程度のスケジュールの日程や期間」のことです。

それでは詳しく見ていきましょう。


ブログで月収89万円稼げた方法

アフィリエイト経験がまったくない主婦の方が…。

実践して6ヶ月目に月収89万円を突破した方法です。

その教材のレビューをしましたので、ブログで稼ぐ方法に興味がありましたらご覧ください。

→ 初心者の主婦が月収89万円稼いだ方法

 

スケジュール感は「ある程度の日程や期間」のこと!

スケジュール感という言葉に明確な定義があるわけではありません。

ただ、多くの方が使っている言葉のニュアンスとしては、「ある程度のスケジュールの日程や期間」という意味で使っていることが多いです。

例えばですが、

今回のプロジェクトについての、スケジュール感を確認したいのですが…。

と言われた場合は、「プロジェクトのスケジュールの大体の日程や期間」について聞きたいわけです。

ですので、まずはスケジュール全体の日程や期間などについて、伝えていけば問題ありません。

「スケジュール」と「スケジュール感」の違いとは?

ちなみにですが、「スケジュール」と「スケジュール感」の違いはありません。

ただ単に、スケジュールへと「感」を付けているだけです。

「プロジェクトのスケジュールを確認させてください。」というのと、「プロジェクトのスケジュール感を確認させてください。」と言う場合でも、全く意味になります。

どちらも、スケジュールが確認したいだけです。

なんとなく「感」が語尾につくだけで、ややこしく感じてしまいますが、難しく感じる場合は「感」を外して考えましょう。

ちなみにですが、似たような言葉で「コスト感」「サイズ感」などもよく耳にしますが、これも「感」を外して考えても同じ意味なので難しく考えなくて大丈夫ですよ。

ビジネスの場面で「スケジュール感」と言われた時のポイント!

「スケジュール感」と言われた時は、相手に「具体的な納期や期限」について聞きましょう!

人によりますが、

スケジュール感をよろしくね~!

なんて、曖昧な言い方をする場合もあります。

これは「スケジュール管理よろしくね!」とか、「ちゃんと納期までにお願いね!」的な、都合が良い言葉だったりします。

とりあえず「スケジュール感」って曖昧な表現を使って、相手に責任を押し付けているパターンですね(笑)

こんな感じで適当にお願いをされる場合は、具体的な期限などについて聞くようにしましょう。

納期や期限を数字に落とし込む!

人によってニュアンスや捉え方は全然違うため、具体的な納期や期限を数字に落とし込むようにしましょう。

例えばですが、「早めにお願いね!」と言われた場合、あなたは具体的に「どのくらいまでに出せばいいかな?」と感じますか?

同じ早めにという言葉でも、

  • Aさん:「1~2時間以内かな?」
  • Bさん:「2~3日以内かな?」
  • Cさん:「1週間ぐらい大丈夫だろう!」

と、このように人によって捉え方が変わるわけです。

もし、お願いと言った人が「3日以内」と考えていた場合、AさんBさんは、ちゃんと言われた仕事を期日までに守る人と認識されます。

しかし、Cさんに関しては「早めに!ってお願いしたよね?いつ出来るの!?」と、怒られる可能性が高いわけです。

このように、「曖昧な言葉」だけではトラブルにつながってしまうため、具体的に期限を聞いて数字に落とし込みましょう。

「納期はいつですか?」と聞くだけ!

「数字に落とし込みましょう!」なんて、言われると難しく考えるかもしれませんが安心してください。

簡単にお伝えすると、「スケジュール感をよろしくね!」なんて言われた場合は、「納期はいつですか?」又は「期限はいつまでですか?」と聞くだけです。

すると「2~3日以内」だったり、「1週間以内でお願い!」といった、納期を知ることができます。

あとは、言われた期限をスケジュール表などへと入力して、作業ペースなどを考えていくだけです。

ちなみにですが、この時のポイントは「相手に言われた日数よりも早めに提出をする」ことです。

「2~3日以内」と言われた場合、お願いする側の人は基本的に早い日数で考えていて、受けた側は遅い日数を考えてしまいます。

そのため、このように少し曖昧な数字などを言われた場合は、「2~3日以内」の2日といった感じで、早い方の日数を期限と決めておきましょう。

また「1週間以内でお願い!」と言われた場合は、1日又は2日前を納期として考えたほうが修正を考えても無難だったりします。

スケジュール感とは?意味とビジネスの場面で意識するべきポイントのまとめ

まとめますと、

まとめ

  • スケジュール感とは大体の日程のこと
  • 人によって捉え方が変わるため納期を相手に聞く
  • 具体的な納期がわかったらスケジュールに落とし込む
  • 相手の提示した納期よりも早めに提出する

以上が、スケジュール感とは?意味とビジネスの場面で意識するべきポイントについてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

-スキル・マインド

Copyright© Affiliate Re:Life , 2021 All Rights Reserved.