Affiliate Re:Life

アフィリエイトで最高の人生を取り戻す(リライフする)方法についてご紹介します。

副業・脱サラ

マイナンバーではネットビジネス副業が会社にバレない?その理由とは

投稿日:

この記事では、マイナンバーではネットビジネスなどの副業がバレない理由について解説していきます。

先日ですが、副業でネットビジネスを考えている方より、

マイナンバーで副業がバレたりするものでしょうか?

といった、ご相談を頂きました。

確かに、副業でネットビジネスに取り組んだ際に、会社にバレるのは嫌ですよね。

これ結論からお伝えしますと、マイナンバーで副業がバレることはありません。

副業がバレる原因は、マイナンバーではなく住民税の増額や同僚などからの告げ口となるので注意されてください。

それでは、マイナンバーでは副業がバレない理由と、副業バレしてしまう原因について詳しく見ていきましょう。


スキマ時間を使いポイントサイトで稼ぐ方法

アフィリエイト・転売・情報発信など、すべてのビジネスのハードルが上がっています。

具体的には、書籍は数十冊は読んで、休日は1日12時間以上作業する覚悟が必要です。

「手軽に稼げると思ったのに…」と思うかもしれませんが、素人が稼げる時代は残念ながらもう終わってしまいました。

しかし…。数万円ほど稼ぐ道ならまだ残されています。

それは、ポイントサイトを使って取り組む方法となります。

還元率の高いポイントサイトを使うことで、誰も1万~5万円程度なら稼ぐことは出来ます。

もちろん、毎月自動で稼げるなんて方法ではありません。

ですが、ポイントサイト経由で無料登録を行ったり、クレジットカードを作るだけで数百円~数万円入ったりします。

イメージとしては、楽天などで商品を購入したらポイントもらえるのと同じです。

ポイントサイトを利用して、無料登録や有料登録などをすることで、キャッシュバックが行われるのです。

過去に様々な副業に取り組んできましたが、初心者さんが短期間で稼ぐ方法は正直コレしかありません。

ポイントサイトの登録方法なども、1から手順を解説していますので良かったらご覧ください。

→ ポイントサイトのハピタスの登録方法&使い方はこちら

 

マイナンバーで副業がバレない理由とは?

マイナンバーが原因で副業がバレない理由ですが、マイナンバーによる情報漏えいが厳しいためです。

そもそも、マイナンバーの目的は、

  • お金の流れを把握
  • 個別ナンバーによる行政の効率化

となっています。

具体的には、脱税などの不正行為を防ぐ目的だったり、年金事務所に行く際に住民票が不要になったりなど、「防ぐ」のと「業務の効率化」を目的としているわけです。

しかし、個別ナンバーのため、個人情報が筒抜けの状態となってしまうため、マイナンバーに関する利用などは、非常に厳しく慎重になっているのです。

そのため、あなたの勤めている職場の上司や社長が、マイナンバーを使って「役所へ社員のA君は副業をしていますか?」と、問い合わせをしても対応してもらえません。

ちなみにですが、マイナンバーによる副業がバレる可能性は、この役所に聞くぐらいしか今の所ありません。

ですが、役所に問い合わせをしても、副業をしているかの情報を聞くことは出来ないため、現時点ではマイナンバーが原因で副業がバレることはないと言えるのです。

副業がバレてしまう原因とは?

副業がバレる原因は、

  • 住民税の増額
  • 同僚からの告げ口
  • SNSの投稿

と、この3つとなっています。

この中で、最も副業がバレてしまう原因は、「住民税の増額」になります。

まず、同僚の告げ口やSNSへの投稿に関しましては、あなたが職場の同僚に話したり、FacebookなどのSNSへ投稿をしなければバレませんよね?

そのため、副業に関して他言しないように注意さえすれば問題ないわけです。

しかし、住民税に関しては違います。

この理由ですが、あなたがネットビジネスなどの副業で稼いだ時点で住民税が増えてしまうためです。

つまり、副業で収入が発生することで、会社にバレてしまう原因が発生するというわけです。

具体的には、

①:ネットビジネスで稼ぐ。

②:収入が増えることで住民税が増額する。

③:職場の給料は上がってないのに住民税が増えるため副業がバレてしまう。

と、このような流れによって、今勤めている会社に副業がバレてしまうわけです。

つまり、会社にバレないためには、マイナンバーではなく、住民税の対策をすることが大切となるのです。

ネットビジネス副業がバレないための対策とは?

副業が会社バレしないためにすることは、副業で増えた住民税を、あなたが別で納めてしまうことです。

実は、ネットビジネスなどの副業で増えた住民税は、確定申告などで納税することができます。

そして、住民税をあなたが納めることで、本業の住民税の変動が無くなるため、副業をしていることが会社にバレないわけです。

つまり、

①:副業で増えた分の住民税を納付する。

②:本業の住民税の変動が無くなる。

③:会社に副業がバレなくなる。

と、このように、住民税を納める事で、ネットビジネスなどの副業がバレなくなるわけです。

ちなみにですが、住民税を納める方法に関しましては、「副業はなぜバレる!?3つの原因とばれない方法とは?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

ネットビジネスは副業でもバレにくい!?

副業分の住民税を納めることで、副業がバレることはないとお伝えしました。

しかし、これはネットビジネスなどのように、自分でビジネスを行った場合のみ有効な方法となっているのです。

例えば、副業でコンビニなどのように、お給料としてお金をもらう場合は、住民税を自分で納めるように設定をしても、対応してもらえないことがあるのです。

これは、下記の申告書にも、「給与・公的年金等に係る所得以外」と記載があるためです。

要するに、コンビニなどのようにお給料で貰う場合は、住民税を自分で納付など選択できないということです。

そのため、結果として、住民税が上がったことが職場にバレてしまい、副業がバレてしまうわけです。

もちろん、絶対ではありませんが、会社にバレてしまうリスクはあるわけです。

ですので、副業をやるならば、ネットビジネスのようにビジネスとして稼げる方法が、会社にもバレにくいためオススメなのです。

ちなみにですが、副業でコンビニのバイトをおすすめしない理由に関しましては、「副業でコンビニはオススメしない2つの理由とは?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

マイナンバーではネットビジネス副業が会社にバレない!その理由とは?のまとめ

まとめますと、

  • マイナンバーで副業がバレることはない
  • 副業が会社にバレる理由は3つある
  • 特にバレる原因は住民税が増えること
  • ネットビジネスは自分で住民税を支払うことが出来る
  • ネットビジネスで稼いで増えた住民税を自分で納めるとバレない

以上が、マイナンバーではネットビジネス副業が会社にバレない!その理由とは?についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

-副業・脱サラ

Copyright© Affiliate Re:Life , 2020 All Rights Reserved.