Affiliate Re:Life

アフィリエイトで最高の人生を取り戻す(リライフする)方法についてご紹介します。

便利なスマホ&パソコン知識

Excelのプルダウンリストの元データを別シートで作成する方法!

投稿日:

この記事では、Excelプルダウンリストの元データを、別シートで作成する方法について解説していきます。

あなたは、Excelでプルダウンリストを作成するときに、

別のシートで作成したデータを使って、プルダウンリストを作成できないかな?

と、考えたことはありませんか?

元データを別シートにすることで、プルダウンのシートがスッキリするので見やすくなりますよね。

これ結論からお伝えしますと、

  • Excelのプルダウンリストの元データを、別シートで作成する方法はコチラです。

別シートで作成する方法

  1. Excelの左下にある「+」をクリックする
  2. 作成した「Sheet2」をクリックする
  3. 「Sheet2」へと、プルダウンに表示するデータを作成する
  4. Excelの左下にある「Sheet1」をクリックする
  5. プルダウンリストを表示させるセル(A2)をクリックする
  6. 「データ」→「データの入力規則」→「データの入力規則」をクリックする
  7. 「設定」→「リスト」を選択する
  8. 「元の値」→「Sheet2」→「データを選択」→「OK」をクリックする

それでは詳しく見ていきましょう。


スキマ時間を使いポイントサイトで稼ぐ方法

アフィリエイト・転売・情報発信など、すべてのビジネスのハードルが上がっています。

具体的には、書籍は数十冊は読んで、休日は1日12時間以上作業する覚悟が必要です。

「手軽に稼げると思ったのに…」と思うかもしれませんが、素人が稼げる時代は残念ながらもう終わってしまいました。

しかし…。数万円ほど稼ぐ道ならまだ残されています。

それは、ポイントサイトを使って取り組む方法となります。

還元率の高いポイントサイトを使うことで、誰も1万~5万円程度なら稼ぐことは出来ます。

もちろん、毎月自動で稼げるなんて方法ではありません。

ですが、ポイントサイト経由で無料登録を行ったり、クレジットカードを作るだけで数百円~数万円入ったりします。

イメージとしては、楽天などで商品を購入したらポイントもらえるのと同じです。

ポイントサイトを利用して、無料登録や有料登録などをすることで、キャッシュバックが行われるのです。

過去に様々な副業に取り組んできましたが、初心者さんが短期間で稼ぐ方法は正直コレしかありません。

ポイントサイトの登録方法なども、1から手順を解説していますので良かったらご覧ください。

→ ポイントサイトのハピタスの登録方法&使い方はこちら

 

Excelのプルダウンリストの元データを別シートで作成する方法!

Excelのプルダウンリストの元データを、別シートで作成する方法はコチラでしたね。

別シートで作成する方法

  1. Excelの左下にある「+」をクリックする
  2. 作成した「Sheet2」をクリックする
  3. 「Sheet2」へと、プルダウンに表示するデータを作成する
  4. Excelの左下にある「Sheet1」をクリックする
  5. プルダウンリストを表示させるセル(A2)をクリックする
  6. 「データ」→「データの入力規則」→「データの入力規則」をクリックする
  7. 「設定」→「リスト」を選択する
  8. 「元の値」→「Sheet2」→「データを選択」→「OK」をクリックする

それでは1つ1つ見ていきましょう。

step
1
Excelの左下にある「+」をクリックする

まずは、別シートへプルダウンの元データを作成するためにも、Excelを開いて左下にあります、「+」をクリックしましょう。

step
2
作成した「Sheet2」をクリックする

「+」をクリックしたら、「Sheet2」をクリックしましょう。

step
3
「Sheet2」へと、プルダウンに表示するデータを作成する

「Sheet2」をクリックしたら、上記画像のようにプルダウンリストの元データを作成しましょう。

今回は、「A2(A列2行目)」~「A6(A列6行目)」へと、「1」~「5」を入力していきます。

step
4
Excelの左下にある「Sheet1」をクリックする

プルダウンリストの元データを別シートへ作成しましたら、Excelの左下にあります「Sheet1」をクリックしましょう。

step
5
プルダウンリストを表示させるセル(A2)をクリックする

「Sheet1」をクリックしたら、プルダウンを表示させるセルをクリックしましょう。

今回は、「Sheet1」の「A2(A列2行目)」をクリックします。

step
6
「データ」→「データの入力規則」→「データの入力規則」をクリックする

次は、Excelの上メニューにあります、

  1. 「データ」をクリック
  2. 「データの入力規則」をクリック
  3. 「データの入力規則」をクリック

と、この順番で進めていきます。

step
7
「設定」→「リスト」を選択する

すると、「データの入力規則」の画面が開きますので、

  1. 「設定」をクリック
  2. 「入力値の種類」をクリックして「リスト」を選択する

と、進めていきましょう。

step
8
「元の値」→「Sheet2」→「データを選択」→「OK」をクリックする

次は、すぐ下にあります、

  1. 「元の値」のフォームをクリック
  2. 「Sheet2」をクリック
  3. 「Sheet2」で入力した、「A2」~「A6」を「Ctrl」キーを押しながら選択する
  4. 「OK」をクリック

と、この順番で進めていきましょう。

すると、「Sheet1」の「A2」をクリックすると、上記画像のように別シートに作成した、プルダウンリストが表示されるようになるのです。

同じ手順で作成することで、「Sheet3」などの別シートでも作成できますので、是非試されてみてください。

Excelのプルダウンリストの元データを別シートで作成する方法のまとめ

まとめますと、

別シートで作成する方法

  1. Excelの左下にある「+」をクリックする
  2. 作成した「Sheet2」をクリックする
  3. 「Sheet2」へと、プルダウンに表示するデータを作成する
  4. Excelの左下にある「Sheet1」をクリックする
  5. プルダウンリストを表示させるセル(A2)をクリックする
  6. 「データ」→「データの入力規則」→「データの入力規則」をクリックする
  7. 「設定」→「リスト」を選択する
  8. 「元の値」→「Sheet2」→「データを選択」→「OK」をクリックする

以上が、Excelのプルダウンリストの元データを別シートで作成する方法についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

-便利なスマホ&パソコン知識

Copyright© Affiliate Re:Life , 2020 All Rights Reserved.