Affiliate Re:Life

アフィリエイトで最高の人生を取り戻す(リライフする)方法についてご紹介します。

便利なスマホ&パソコン知識

Excelの日付が数字になる時の対処法!【画像付きで解説します】

投稿日:

パソコン

この記事では、Excel日付数字になる時の対処法について解説していきます。

あなたは、Excelでデータなどを作成しているときに、

日付を入力したら、「43525」と数字になるんだけどなんで?

と、悩んだ経験はありませんか?

キーボードで、「2019/3/1」と入力しているだけなのに、なんで意味不明な数字になるのか気になるところですよね。

これ結論からお伝えしますと、

  • Excelの日付が数字になる時の対処法はコチラです。

日付への変換方法

  1. 「ホーム」→「日付を選択」→「標準(数式の書式)」をクリックする
  2. 「短い日付形式」又は「長い日付形式」をクリックする

それでは詳しく見ていきましょう。


スキマ時間を使いポイントサイトで稼ぐ方法

アフィリエイト・転売・情報発信など、すべてのビジネスのハードルが上がっています。

具体的には、書籍は数十冊は読んで、休日は1日12時間以上作業する覚悟が必要です。

「手軽に稼げると思ったのに…」と思うかもしれませんが、素人が稼げる時代は残念ながらもう終わってしまいました。

しかし…。数万円ほど稼ぐ道ならまだ残されています。

それは、ポイントサイトを使って取り組む方法となります。

還元率の高いポイントサイトを使うことで、誰も1万~5万円程度なら稼ぐことは出来ます。

もちろん、毎月自動で稼げるなんて方法ではありません。

ですが、ポイントサイト経由で無料登録を行ったり、クレジットカードを作るだけで数百円~数万円入ったりします。

イメージとしては、楽天などで商品を購入したらポイントもらえるのと同じです。

ポイントサイトを利用して、無料登録や有料登録などをすることで、キャッシュバックが行われるのです。

過去に様々な副業に取り組んできましたが、初心者さんが短期間で稼ぐ方法は正直コレしかありません。

ポイントサイトの登録方法なども、1から手順を解説していますので良かったらご覧ください。

→ ポイントサイトのハピタスの登録方法&使い方はこちら

 

Excelの日付が数字になる時の対処法!

Excelの日付が数字になる時の対処法はコチラでしたね。

日付への変換方法

  1. 「ホーム」→「日付を選択」→「標準(数式の書式)」をクリックする
  2. 「短い日付形式」又は「長い日付形式」をクリックする

それでは1つ1つ見ていきましょう。

step
1
「ホーム」→「日付を選択」→「標準(数式の書式)」をクリックする

まずは、Excelを開きまして、

  1. メニューの「ホーム」をクリック
  2. 数字に変更された日付をドラッグ
  3. 「標準(数式の書式)」をクリック

と、この順番で進めていきましょう。

step
2
「短い日付形式」又は「長い日付形式」をクリックする

「標準(数式の書式)」をクリックすると、メニューが表示されますので、

  • 「短い日付形式」
  • 「長い日付形式」

と、このどちらかをクリックすることで、数字が日付に変更になるのです。

短い日付形式

長い日付形式

日付を数字に戻す方法!

最初の日付が数字になる状態に戻す方法は、数式の書式で「標準」をクリックするだけです。

この標準とは、「シリアス値」といって、「1900年1月1日」から現在の日付までの日数を表示する設定となっているのです。

つまり、「2019/3/1」が「43525」となるのは、1900年1月1日から2019/3/1日が、「4万3525日目」となっているというわけです。

Excelの日付を数字だけに変換する方法!

ここでは、「2019/3/1」という日付から「20190301」と、「年・月・日」を抜き取って数字だけを表示する方法について解説をします。

日付を数字だけに変換する方法はコチラです。

数字だけに変換する方法

  1. 日付を「短い日付形式」又は「長い日付形式」に設定する
  2. 「=TEXT(A1,"yyyymmdd")」を隣の列にダブルクリックをして貼る
  3. この「=TEXT(A1,"yyyymmdd")」の「A1」を日付が書かれている列や行に変更する
  4. 変換された数字部分をクリックして、枠の右下の黒い点を下にドラッグする

それでは1つ1つ見ていきましょう。

step
1
日付を「短い日付形式」又は「長い日付形式」に設定する

まずは、上記で解説しました方法で、「短い日付形式」又は「長い日付形式」に変更をしましょう。

step
2
「=TEXT(A1,"yyyymmdd")」を隣の列にダブルクリックをして貼る

次は、日付を記載している隣の列をダブルクリックして、下記の数式をコピペしましょう。

数字のみ表示する数式

=TEXT(A1,"yyyymmdd")

step
3
この「=TEXT(A1,"yyyymmdd")」の「A1」を日付が書かれている列や行に変更する

コピペした数式にあります、「A1」の部分を数字のみに変更したい日付の列や行へと変更しましょう。

今回は、A列の2行目に貼り付けていましたので、「A2」と変更したら上記のように数字のみに変換が出来るのです。

step
4
変換された数字部分をクリックして、枠の右下の黒い点を下にドラッグする

他の行の日付も同じように数字のみに変換する場合は、コピペした枠をクリックして、枠の右下にあります「・」をクリックしたまま、下へとドラッグをしましょう。

すると、上記画像のように、他の項目の数字も同じように数式がコピーされて、数字のみに変換されるようになります。

Excelの日付が数字になる時の対処法!【画像付きで解説します】のまとめ

まとめますと、

日付への変換方法

  1. 「ホーム」→「日付を選択」→「標準(数式の書式)」をクリックする
  2. 「短い日付形式」又は「長い日付形式」をクリックする

数字だけに変換する方法

  1. 日付を「短い日付形式」又は「長い日付形式」に設定する
  2. 「=TEXT(A1,"yyyymmdd")」を隣の列にダブルクリックをして貼る
  3. この「=TEXT(A1,"yyyymmdd")」の「A1」を日付が書かれている列や行に変更する
  4. 変換された数字部分をクリックして、枠の右下の黒い点を下にドラッグする

以上が、Excelの日付が数字になる時の対処法!【画像付きで解説します】についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

-便利なスマホ&パソコン知識

Copyright© Affiliate Re:Life , 2020 All Rights Reserved.