Affiliate Re:Life

アフィリエイトで最高の人生を取り戻す(リライフする)方法についてご紹介します。

便利なスマホ&パソコン知識

PDF(Adobe Reader)で使えるショートカットキー一覧!

投稿日:

この記事では、PDF(Adobe Reader)で使えるショートカットキー一覧について解説していきます。

あなたは、PDFを見ているときに、

向きが変わったり、画面が拡大したりするんだけど…。

と、知らない間にショートカットキーを押して困った経験はありませんか?

間違ってPDFの向きが変わった場合など、どうやって戻せばいいのか気になりますし、作業効率がアップするショートカットキーも気になるところですよね。

これ結論からお伝えしますと、

  • PDF(Adobe Reader)で使えるショートカットキー一覧はコチラです。
機能 ショートカットキー
右回転 「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「め」
(「Shift」+「Ctrl」+「-」)
左回転 「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「れ」
(「Shift」+「Ctrl」+「-」)
次のページへ 「→」
前のページへ 「←」
最後のページへ移動 「Ctrl」+「Fn」+「→」
指定のページへ移動 「Shift」+「Ctrl」+「N」
画面の拡大 「Ctrl」+「Fn」+「め」
(「Ctrl」+「+」)
画面の縮小 「Ctrl」+「Fn」+「れ」
(「Ctrl」+「-」)
倍率の指定表示 「Ctrl」+「Y」
倍率100%表示 「Ctrl」+「1」
ページサイズで表示 「Ctrl」+「0」
幅に合わせて表示 「Ctrl」+「2」
描画領域の幅に合わせて表示 「Ctrl」+「3」
全画面表示 「Ctrl」+「L」
PDFファイルを開く 「Ctrl」+「O」
PDFを閉じる 「Ctrl」+「W」
名前を付けて保存 「Shift」+「Ctrl」+「S」
切り取る 「Ctrl」+「X」
印刷 「Ctrl」+「P」
PDFを終了 「Ctrl」+「Q」
検索 「Shift」+「Ctrl」+「F」
スペルチェック 「F7」

それでは詳しく見ていきましょう。


ブログで月収89万円稼げた方法

アフィリエイト経験がまったくない主婦の方が…。

実践して6ヶ月目に月収89万円を突破した方法です。

その教材のレビューをしましたので、ブログで稼ぐ方法に興味がありましたらご覧ください。

→ 初心者の主婦が月収89万円稼いだ方法

 

PDF(Adobe Reader)で使えるショートカットキー一覧!

PDF(Adobe Reader)で使えるショートカットキー一覧はコチラでしたね。

機能 ショートカットキー
右回転 「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「め」
(「Shift」+「Ctrl」+「-」)
左回転 「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「れ」
(「Shift」+「Ctrl」+「-」)
次のページへ 「→」
前のページへ 「←」
最後のページへ移動 「Ctrl」+「Fn」+「→」
指定のページへ移動 「Shift」+「Ctrl」+「N」
画面の拡大 「Ctrl」+「Fn」+「め」
(「Ctrl」+「+」)
画面の縮小 「Ctrl」+「Fn」+「れ」
(「Ctrl」+「-」)
倍率の指定表示 「Ctrl」+「Y」
倍率100%表示 「Ctrl」+「1」
ページサイズで表示 「Ctrl」+「0」
幅に合わせて表示 「Ctrl」+「2」
描画領域の幅に合わせて表示 「Ctrl」+「3」
全画面表示 「Ctrl」+「L」
PDFファイルを開く 「Ctrl」+「O」
PDFを閉じる 「Ctrl」+「W」
名前を付けて保存 「Shift」+「Ctrl」+「S」
切り取る 「Ctrl」+「X」
印刷 「Ctrl」+「P」
PDFを終了 「Ctrl」+「Q」
検索 「Shift」+「Ctrl」+「F」
スペルチェック 「F7」

それでは1つ1つ見ていきましょう。

右回転:「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「め」

PDFファイルを右に回転することができます。

テンキー付きのキーボードの場合は、「Shift」+「Ctrl」+「+」で右回転ができます。

左回転:「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「れ」

PDFファイルを左に回転することができます。

テンキー付きのキーボードの場合は、「Shift」+「Ctrl」+「-」で右回転ができます。

次のページへ:「→」

「→」キー

次のページヘ移動します。

前のページへ:「←」

「←」キー

前のページヘ移動します。

最後のページへ移動:「Ctrl」+「Fn」+「→」

最後のページへ移動します。

指定のページへ移動:「Shift」+「Ctrl」+「N」

指定のページ選択画面が開き、ページ数を入力することで移動することができます。

画面の拡大:「Ctrl」+「Fn」+「め」

PDFファイルの画面が拡大します。

テンキー付きのキーボードの場合は、「Ctrl」+「+」で画面の拡大ができます。

画面の縮小:「Ctrl」+「Fn」+「れ」

PDFファイルの画面を縮小します。

テンキー付きのキーボードの場合は、「Ctrl」+「+」で画面の縮小ができます。

倍率の指定表示:「Ctrl」+「Y」

表示させる倍率の指定画面を表示することができます。

倍率100%表示:「Ctrl」+「1」

PDFの倍率を100%(本来のサイズで)表示することができます。

ページサイズで表示:「Ctrl」+「0」

ページサイズでPDFを表示することができます。

幅に合わせて表示:「Ctrl」+「2」

PDFの横幅に合わせて倍率を表示します。

描画領域の幅に合わせて表示:「Ctrl」+「3」

描画領域の幅に合わせてPDFを表示します。

全画面表示:「Ctrl」+「L」

PDFファイルを全画面表示します。

PDFファイルを開く:「Ctrl」+「O」

別のPDFファイルを開くことができます。

PDFを閉じる:「Ctrl」+「W」

現在開いているPDFを閉じます。

名前を付けて保存:「Shift」+「Ctrl」+「S」

名前を付けて保存します。

切り取る:「Ctrl」+「X」

画面の切り取り(スナップショット)ができます。

印刷:「Ctrl」+「P」

印刷の設定画面を開くことができます。

PDFを終了:「Ctrl」+「Q」

PDFを終了します。

検索:「Shift」+「Ctrl」+「F」

検索画面を開くことができます。

スペルチェック:「F7」

スペルチェックの画面を表示します。

PDF(Adobe Reader)で使えるショートカットキー一覧のまとめ

まとめますと、

機能 ショートカットキー
右回転 「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「め」
(「Shift」+「Ctrl」+「-」)
左回転 「Shift」+「Ctrl」+「Fn」+「れ」
(「Shift」+「Ctrl」+「-」)
次のページへ 「→」
前のページへ 「←」
最後のページへ移動 「Ctrl」+「Fn」+「→」
指定のページへ移動 「Shift」+「Ctrl」+「N」
画面の拡大 「Ctrl」+「Fn」+「め」
(「Ctrl」+「+」)
画面の縮小 「Ctrl」+「Fn」+「れ」
(「Ctrl」+「-」)
倍率の指定表示 「Ctrl」+「Y」
倍率100%表示 「Ctrl」+「1」
ページサイズで表示 「Ctrl」+「0」
幅に合わせて表示 「Ctrl」+「2」
描画領域の幅に合わせて表示 「Ctrl」+「3」
全画面表示 「Ctrl」+「L」
PDFファイルを開く 「Ctrl」+「O」
PDFを閉じる 「Ctrl」+「W」
名前を付けて保存 「Shift」+「Ctrl」+「S」
切り取る 「Ctrl」+「X」
印刷 「Ctrl」+「P」
PDFを終了 「Ctrl」+「Q」
検索 「Shift」+「Ctrl」+「F」
スペルチェック 「F7」

以上が、PDF(Adobe Reader)で使えるショートカットキー一覧についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

-便利なスマホ&パソコン知識

Copyright© Affiliate Re:Life , 2021 All Rights Reserved.