Affiliate Re:Life

アフィリエイトで最高の人生を取り戻す(リライフする)方法についてご紹介します。

便利なスマホ&パソコン知識

Gmailの下書きを破棄した場合「復元は可能」なのか?

投稿日:2019年6月26日 更新日:

この記事では、Gmail下書きを破棄してしまった場合、下書きの「復元は可能」なのか?について解説していきます。

あなたは、Gmailメールを書いているときに、

間違って下書きを消してしまったんだけど、復元って出来ないのかな?

と、悩んだ経験はありませんか?

下書きの状態だと間違えてワンクリックだけで、削除してしまうため「あぁ…。やっちゃった…。」と、凹みますよね。

これ結論からお伝えしますと、

  • Gmailの下書きですが、残念ながら復元は不可能です。

しかし、運が良ければ復活することがありますので、その手順について解説をしていきます。

それでは詳しく見ていきましょう。


スキマ時間を使いポイントサイトで稼ぐ方法

アフィリエイト・転売・情報発信など、すべてのビジネスのハードルが上がっています。

具体的には、書籍は数十冊は読んで、休日は1日12時間以上作業する覚悟が必要です。

「手軽に稼げると思ったのに…」と思うかもしれませんが、素人が稼げる時代は残念ながらもう終わってしまいました。

しかし…。数万円ほど稼ぐ道ならまだ残されています。

それは、ポイントサイトを使って取り組む方法となります。

還元率の高いポイントサイトを使うことで、誰も1万~5万円程度なら稼ぐことは出来ます。

もちろん、毎月自動で稼げるなんて方法ではありません。

ですが、ポイントサイト経由で無料登録を行ったり、クレジットカードを作るだけで数百円~数万円入ったりします。

イメージとしては、楽天などで商品を購入したらポイントもらえるのと同じです。

ポイントサイトを利用して、無料登録や有料登録などをすることで、キャッシュバックが行われるのです。

過去に様々な副業に取り組んできましたが、初心者さんが短期間で稼ぐ方法は正直コレしかありません。

ポイントサイトの登録方法なども、1から手順を解説していますので良かったらご覧ください。

→ ポイントサイトのハピタスの登録方法&使い方はこちら

 

Gmailの下書きを復元する方法【可能性は低いため注意!】

可能性は低いですが、運が良ければ復元できる方法がコチラです。

下書きの復元方法

  1. パソコンで下書きの作成画面を開く
  2. 同じ画面をスマホのGmailアプリでも開く
  3. パソコンで下書きを「削除」する
  4. Gmailアプリの下書きを更新せずに「全文コピー」をする
  5. Gmailアプリで「+(新規)」をタップする
  6. 「全文をペースト」する
  7. パソコンのGmailで「F5」などで更新をする

それでは1つ1つ見ていきましょう。

step
1
パソコンで下書きの作成画面を開く

まずは、パソコンでGmailの下書きの作成画面を開きましょう。

step
2
同じ画面をスマホのGmailアプリでも開く

パソコンで下書きの作成画面を開いたら、次はスマホの「Gmailアプリ」で下書き画面を開きましょう。

下書きを開く方法

①:「三」をタップする

②:「下書き」をタップする

③:開きたい「下書き」をタップする

step
3
パソコンで下書きを「削除」する

Gmailアプリでも下書き画面を開いたら、間違えて消した場合として画面右下にあります「削除」をタップしましょう。

step
4
Gmailアプリの下書きを更新せずに「全文コピー」をする

下書きを作成したら、スマホのGmailアプリの下書き画面を更新せずに「全文コピー」をしましょう。

エラーが表示される!

下書きが破棄された場合、上記のような「エラーが発生しました。」と表示されることがあります。

この場合は「OK」をタップすれば大丈夫です。

step
5
Gmailアプリで「+(新規)」をタップする

下書きを全文コピーしたら、Gmailアプリで「+(新規)」をタップしましょう。

step
6
「全文をペースト」する

メール作成画面が表示されたら、コピーした文章を全文ペーストしましょう。

step
7
パソコンのGmailで「F5」などで更新をする。

Gmailアプリで下書きをペーストしたら、パソコン画面に戻ってキーボードの「F5」ボタンなどを押して画面を更新したら完了です。

完成!

すると、上記画像のように、破棄した下書きの内容を復元することが出来るのです。

ココがポイント

復元しやすいポイントしては、常にGmailアプリでも下書き画面を表示しておくのと、更新せずにコピーすることです。

間違って更新をしてしまうと、下書きの復元は出来ないため注意してください。

下書きを作成する際の2つのポイント!

Gmailの下書きを使ってメモをする場合などもあるかもしれません。

しかし、間違って下書きを破棄してしまうと、作成したメモを全て失ってしまうことになりかねません。

そこで、下書きを作成する際の2つのポイントを意識されてください。

下書きのポイント

  • 下書きをコピーする
  • 下書きツールを使う

それでは詳しく見ていきましょう。

ポイント1:下書きをコピーする

1つ目は、Gmailで下書きを定期的にコピーすることです。

下書きは削除ではなく「破棄」となっているため、基本的に復元は出来ません。

そのため、間違って消してもいいように、定期的にコピーを取って置くのが安心です。

ポイント2:下書きツールを使う

2つ目は、Gmail以外の下書きツールを使うことです。

やはり復元できない下書きをメモとして使うのはリスクがあります。

ですので、下記のような下書きツールを使ってメモを保存しましょう。

下書きツール

  • 1つ目:「Google Keep(グーグルキープ)」
  • 2つ目:「Simplenote(シンプルノート)」
  • 3つ目:「Evernote(エバーノート)」
  • 4つ目:「Chatwork(チャットワーク)」
  • 5つ目:「OneNote(ワンノート)」

上記下書きツールは、基本的に無料で使えますし、パソコンとスマホどちらも同期しながら使えるためオススメです。

ちなみにですが、下書きツールについては、下記の記事をご覧ください。

下書きツール

アフィリエイト記事を作成する際に使いやすい下書きツールに関しましては、「ブログの下書きで使えるオススメ無料ツール5選!」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

Gmailの下書きを破棄した場合「復元は可能」なのか?のまとめ

まとめますと、

下書きの復元方法

  1. パソコンで下書きの作成画面を開く
  2. 同じ画面をスマホのGmailアプリでも開く
  3. パソコンで下書きを「削除」する
  4. Gmailアプリの下書きを更新せずに「全文コピー」をする
  5. Gmailアプリで「+(新規)」をタップする
  6. 「全文をペースト」する
  7. パソコンのGmailで「F5」などで更新をする

下書きのポイント

  • 下書きをコピーする
  • 下書きツールを使う

以上が、Gmailの下書きを破棄した場合「復元は可能」なのか?についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

-便利なスマホ&パソコン知識

Copyright© Affiliate Re:Life , 2020 All Rights Reserved.